comico
水神鳴 ~みずかみなり~

28.第壱章「花簪」十

コメント

29 / 46 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

水神鳴 ~みずかみなり~

金貸しに雇われている男と、その同居人の少女。二人に回される取立て先は何時だって妖かしが絡んでいて…。近代日本を舞台にした、愁いが滲む怪異譚。

作家コメント

アニメや漫画のコスプレよりも時代劇のコスプレに興味があります。特に鹿鳴館に集っていたご婦人達が着るような衣装が…!
スカートを膨らましたドレス着て、夜会巻きに結って、扇子広げて、「おほほほ!」と笑ってみたい。
…社交ダンス? 筋金入りの運動音痴なんでそれは勘弁してください。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ