comico
水神鳴 ~みずかみなり~

26.第壱章「花簪」八

コメント

27 / 46 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

水神鳴 ~みずかみなり~

金貸しに雇われている男と、その同居人の少女。二人に回される取立て先は何時だって妖かしが絡んでいて…。近代日本を舞台にした、愁いが滲む怪異譚。

作家コメント

たまに時代劇なんかで見かける、男性から女性に簪(または櫛)を贈るシチュエーションって、指輪を贈るシチュより艶ぽい感じがします。髪に挿したその簪を抜く時って…。ていうか抜いてもらう時って…!! おや、誰か来たようだ。
 
漫画内の簪櫛のくだりは一説です。
参考資料 『櫛かんざし』澤乃井櫛かんざし美術館発行

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ