comico
水神鳴 ~みずかみなり~

17.第零章「犬狩」終

コメント

17 / 46 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

水神鳴 ~みずかみなり~

金貸しに雇われている男と、その同居人の少女。二人に回される取立て先は何時だって妖かしが絡んでいて…。近代日本を舞台にした、愁いが滲む怪異譚。

作家コメント

法医学者の方が書いたとある本のなかに「犬は飼い主の遺体には手をつけない」との記述があり、犬の忠誠心にいたく感心しました。その上で「ならば、相当の理由があれば飼い主に手をつけるのでは?」という発想がきっかけで生まれたのが、この話でした。実際には飼い主に手をつけた犬の事件はあるようですが、その犬達もそうせざる得ない理由があったのだと思いたいです。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ