みんなの応援

♥ 23,557

チョモランマ服部

ある日、カフェでネーム作業してたら僕の席の後ろから若い男の声で「ったくよぉ~俺の育てた台がよぉ~知らねーヤツに取られてマジ頭きたわ~」って話してたので「ヤンチャな兄ちゃんがいるな、怖い怖い」と思い目をそらしてました。「台」はパチンコの事で彼はギャンブルが趣味らしい、同じ席に女の人もいて「先輩スゴイ」とか言ってました。ふと僕はトイレに立ち、席に戻る時にその声の主をよく見ると80歳位のバッリバリのおじいさんでした。若い女性とバッリバリのおじいさん。え!?さっきの声…話…え!?そんで先輩!?せ、先輩!?何!?何の先輩!?人生の!?僕がトイレ行ってる間に玉手箱開けたのかな?と思いました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ