みんなの応援

♥ 1,920

orz

実は作者には、家の中で泥棒と遭遇してほのぼのとした会話を交わしたという珍妙な経験があります。
その後刑事鑑識入り乱れての大騒動となったのですが、警察関係者から「犯人の似顔絵描いてください」といわれるのを一寸ワクワクしながら待っていたのに、とうとう最後までその機会は訪れませんでした。
漫画を描く人間として少々無念です orz 

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ