みんなの応援

♥ 9,550

じゅんた

11月も半ばに差し掛かり冬も本格的になってきましたね。寒くなるとやはり鍋が恋しくなります。学生時代友人の家で「闇鍋」をしたことがありました。暗闇の中みんなで持ち寄った食材を鍋にぶち込み恐る恐る食べてみたら・・・案の定激不味でした(汗)電気をつけてみたら鍋が「病人」みたいな色してました。あれは「闇鍋」じゃなくて「病鍋」でしたね・・・おあとがよろしいようで(´∀`)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話