みんなの応援

♥ 5,116

古本ゆうや

今回でビャッコマルの物語はある意味、一つの区切りとなります。この展開は連載開始当初から構想を重ね、ずっと描きたい…!と思っていましたが、なんとかここまで迎えられることができました。良かったです。…話は少し変わりますが、前回、私のコメントで『終盤』とお伝えしたため、読者のみなさんには色々混乱を招いてしまいました。申し訳ありません。(あれはあくまで卯林シリーズの終盤という意味です)私自身はまだまだ描き続ける気マンマンですので、ビャッコマルの物語をもっとたくさん読みたい!と、少しでも思われた方、次回以降の展開にご期待いただける方、ぜひとも応援よろしくお願いします!私もビャッコマルという作品でみなさんと長くお付き合いしたいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話