みんなの応援

♥ 4,826

古本ゆうや

今回はいつものビャッコマルと少し趣の異なるお話を作ってみました。恋心から現れるライバル心というのは、純粋な競争相手から生まれるものだけがすべてではないですよね…。そのライバル心を向けられた白狐丸はどんな思いでシンジローと接しているのでしょうか?…そもそも白狐丸は何者なのか?白狐丸のさらに深い部分にも、いずれ触れていく予定であります。次回から始まる新シリーズは、またいつもと同じようなノリに戻りますので、どうぞよろしくお願いします。(今回はちょっとした特別編でした)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ