comico
猫音部

第16話 「背中♪」

コメント

17 / 32 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

猫音部

軽音部の部室に猫が現れた。そして僕たちは猫音部になった。

第16話 「背中♪」

猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」 猫音部第16話 「背中♪」

みんなの応援

8,119

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

作品を読んで頂きありがとうございます!
沢山のコメント、オススメ、お気に入りして頂きとても感謝しております。

先日森の主の大きな木が怒っていると言う事で私が話を聞きに行きました。すると主は
「人間は森を汚し過ぎた!もはや許すことは出来ない」と低い声で言うので
「主よどうか怒りを鎮めたまえ!これからは森の資源を大切にするから」と説得をしました。
しかし私は花粉症なので家に着くまでにティッシュ1箱を使いきってしまいましたとさ。英検4級

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ