comico
SACRIFICE OBLIVION

#05:駐車場en s'apaisant

コメント

5 / 15 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

SACRIFICE OBLIVION

2030年代、最後の日。新見警備保障爆発物処理班、司堂サイラートは爆発に巻き込まれ爆発時の記憶を失う。その日からサイラートは記憶と謎に翻弄される。

#05:駐車場en s'apaisant

SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant SACRIFICE OBLIVION#05:駐車場en s'apaisant

みんなの応援

4,172

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

20~30年くらい先の未来って、思ってるより進んでるのかそうでないのか微妙でやりすぎない様に注意して描いてまして、今回のダイビングの機材も殆ど現在のものと変わらない状態です(強いて言えばレギューターを毒マスク風味にしたくらい)。
でも、テレビとか見ててたまに現代の代物ではない様なウェアラブル系ブツに出くわすと目ん玉飛び出させて驚愕します(笑)

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ