comico
SACRIFICE OBLIVION

#04:駐車場orageux

コメント

4 / 15 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

SACRIFICE OBLIVION

2030年代、最後の日。新見警備保障爆発物処理班、司堂サイラートは爆発に巻き込まれ爆発時の記憶を失う。その日からサイラートは記憶と謎に翻弄される。

#04:駐車場orageux

SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux SACRIFICE OBLIVION#04:駐車場orageux

みんなの応援

4,356

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

タイトルのorageuxは音楽用語の荒々しく…みたいなのを引っ張ってきました。
音楽用語ってタイトルに使い易くていいですよね。
ザクロちゃんの綴りはZAKROです。
決してZAKUROではありません。
意味はあるのですが物語にそれほど関わってきません。
作者が一人こだわってるだけです(笑)

みんなのコメント(95)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ