comico
SACRIFICE OBLIVION

#03:新宿3丁目イタミーマート

コメント

3 / 15 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

SACRIFICE OBLIVION

2030年代、最後の日。新見警備保障爆発物処理班、司堂サイラートは爆発に巻き込まれ爆発時の記憶を失う。その日からサイラートは記憶と謎に翻弄される。

#03:新宿3丁目イタミーマート

SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート SACRIFICE OBLIVION#03:新宿3丁目イタミーマート

みんなの応援

4,454

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

コンビニで働いた事無いくせにいつかコンビニが登場する漫画が描きたいと思ってました。
買い置きしていたコンビニミニチュアが資料としてようやく日の目を浴びます(笑)
深夜のコンビニってなんだか不思議な空間でそれだけで物語が始まりそうじゃないですか?
(作中は真っ昼間ですけどね!)

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

・あなたにおすすめ

お知らせ