みんなの応援

♥ 3,664

由宇木アヤル

そんな訳で自分の頭の中の第一章序盤に突入です。
説明回が多くなってしまって申し訳ない感じですが、色々なところに伏線など潜んでおりますのでお付き合い頂けましたら幸いですm(_ _)m
11話ではサメが出て来なくてスミマセン(笑)作者はまったく想像外だったのでサメ!?ってなりました。
確か血のにおいを嗅ぎ付けて時速80キロで来るんでしたよね。
怖い!けど、それはそれで面白い展開だったかも!
それでは次回も宜しくお願いします^^

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ