comico
ぼっち神様とオタ少女

86話 神様、旅立つ #5

コメント

89 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

86話 神様、旅立つ #5

ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5 ぼっち神様とオタ少女86話 神様、旅立つ #5

みんなの応援

8,689

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

ついに梅雨入りの季節です。雨の多いジメジメした季節になりましたね。良くも悪くも一年分の水分を補給する大事な季節です。

今ではフルデジタルでの作業なので全く気になりませんが、湿気が多いこれからの季節は、絵をアナログで描いていた時代は結構苦労しました。
なにせ紙が湿気を含んで膨張したり、インクの乾きが遅く手でこすってしまってやり直しになったり、すべての作業で慎重な作業を求められていました。
やり直しはきかない一発作業、今では中々に怖いですね。アナログ作業でミスしたら脳が自然に『Ctrl+z』を探すくらいにはデジタルに汚染されています。
おかげで最近は紙に絵を描くということが年に数回しかないという事態に……。

例えるならスマホやPCで文字を打つのに慣れて、紙に文字をかこうとすると漢字を思い出せない時があったり。
コワイコワイ。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

・あなたにおすすめ

お知らせ