comico
ぼっち神様とオタ少女

59話 神様、年を越す #1

コメント

61 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

59話 神様、年を越す #1

ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1 ぼっち神様とオタ少女59話 神様、年を越す #1

みんなの応援

10,049

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

年越しそばを食べる日と言ったら大晦日です。
この物語が始まってようやく4ヶ月ほどたちました。はい、まだ4ヶ月です。
年末の風物詩として紅白~合戦とか絶対に笑ってはいけない~とか、色々見応えのあるテレビ番組もあり年越しまで暇になることはありませんね。
それを見終わったあとは日付が変わる前に初詣に出かけたりしたものです。あの寒空の中列に並んでお参りし、神社の前にある出店で暖かいものを食べて帰るというのが毎年の密かな楽しみでした。
あの夜中のお祭りに出歩くという非日常感が、子供心ながらとてもワクワクしたものです。
そんなわけで、みなさんもぜひ初詣にいってそんな非日常感を楽しみつつ氏神様に挨拶に行きましょう。あ、ちなみに、浅間之様の属する神社は富士山本宮浅間大社なので、近くの人は是非言ってみてください。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ