comico
ぼっち神様とオタ少女

36話 神様、浅間之に出会う

コメント

36 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

36話 神様、浅間之に出会う

ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う ぼっち神様とオタ少女36話 神様、浅間之に出会う

みんなの応援

4,339

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

ココが降り立った、とても広大な世界。見ての通りファンタジーな雰囲気がかいま見える、異世界です。詳しくは次回浅間之が語ってくれるのでそちらで。今までの山間部から、見たことのないほどの広大な平野が広がる世界。ココの目にはさぞかし新鮮に写ったことでしょう。たまにはこういう風景も描いてみたくなるんですよ、ええ。写真らしい写真も使えないシーンなので、基本的に全部手描きです。一番最後のコマの大きな山も手描きです。山を描いてる時って何か楽しいんですよね。森林限界がこのへんで、風雨による侵食がどれくらいで、岩盤の強度がこれくらいだから、この辺りを崩壊させてと。山の生い立ちを考えながら標高を考え、森を貼り付け、谷の深さを決め、雪をのせる。設定を考える時が楽しいのと同じ原理ですね。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ