comico
ぼっち神様とオタ少女

34話 樹、北の大地に立つ

コメント

34 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

34話 樹、北の大地に立つ

ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ ぼっち神様とオタ少女34話 樹、北の大地に立つ

みんなの応援

4,036

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

試される大地『北海道』。夏のオンシーズンにはバイクの聖地として数多くのライダーが訪れ、冬は上質な雪でスキーヤーを楽しませてくれる、まさに観光王国。
しかしその実、日本国内では数少ない大陸的な広大さ故、沢山の試練も与えられるそんな大地です。
冬の寒さはもとより、都市間の長大な距離は、時には絶望感すら覚えるほど……。
ちょっと買い物行ってくるで100kmを軽く走破するなど当たり前の世界です。
そんな厳しい土地柄故、未だに沢山の自然が多く残っているのが魅力です。
北海道と言ったらあとは海産物です。
嫌いだった海産物でも、こちらで食べれば大好物になるくらい美味しいのです。実際に昔はウニ食べれませんでしたが、北海道近海で取れたものを食べたところ、その後大好物になりました。
オススメは夏から少し外れた秋。渡航費用も安くなり、紅葉の楽しめるとてもいい時期です。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ