comico
ぼっち神様とオタ少女

33話 神様、お留守番が寂しくなる

コメント

33 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

33話 神様、お留守番が寂しくなる

ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる ぼっち神様とオタ少女33話 神様、お留守番が寂しくなる

みんなの応援

3,972

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

冬の定番家具といえばこたつ。あのぬくぬくした居心地は、おそらく誰もが一度は体験したことがあるのではないでしょうか?そんな訳で、あの快楽性抜群の堕落暖房器具は神様にも有効でした。特に狐であるココ様には効果が抜群のようで、コタツが登場してからは、まるで籠城してるかのごとく居座っています。もちろん、アイスとセットで。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

・あなたにおすすめ

お知らせ