comico
ぼっち神様とオタ少女

3話「神様、お風呂に入る」

コメント

3 / 98 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぼっち神様とオタ少女

道路工事で自分の祠がなくなってしまった神様と、それをお持ち帰りしたちょっと変わった女の子とのゆるーい日常のお話。

3話「神様、お風呂に入る」

ぼっち神様とオタ少女3話「神様、お風呂に入る」 ぼっち神様とオタ少女3話「神様、お風呂に入る」 ぼっち神様とオタ少女3話「神様、お風呂に入る」 ぼっち神様とオタ少女3話「神様、お風呂に入る」 ぼっち神様とオタ少女3話「神様、お風呂に入る」

みんなの応援

6,604

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

夏の夕日に照らされる山というのもまた美しいもの。紅葉とは一味違う朱色を見せてくれます。ところでこの"ここ"がなぜキツネなのかと言いますと、もともと祭ってあった祠が、小さなお稲荷様だったからなのです。村を見下ろす高台にあったせいか、近年村人からも忘れられてしまっていたわけですが、山城家の所有する山林のすぐ傍にあったことから、この家が細々と維持を続けてきていたようです。そのため"ここ"が消えてしまうというようなことはありませんでした。

みんなのコメント(100)

この作品へのコメント投稿は終了しました。

お知らせ