みんなの応援

♥ 5,171

梺乃みこと

今回も前回から引き続き神様の世界のお話。
作中にある言い伝えは、八ヶ岳と富士山が背くらべをし、負けた冨士山が山頂を蹴飛ばした、というお話に由来しています。
八ヶ岳は元々はもっと高い山でしたが、侵食などで今のような姿になったといいます。
噴火などでも度々大地に傷跡を残しているようですが、代表的なものでは、山梨県韮崎市から続く七里岩と呼ばれる崖が、八ヶ岳からの火砕流によって形成されたと言われています。
自然の力は大地をもやすやすと削ってしまうんですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話