みんなの応援

♥ 9,989

六王

子供の頃、大分にある母方のじいちゃん家の前には銭湯があり、毎日の銭湯通いが楽しみのひとつでした。近所の人に挨拶をしながら熱い湯船に浸かってのぼせて帰っていたのもいい思い出ですw
ある時、田舎に行くと家にお風呂が付いていて、子供心になんだか寂しくなった記憶があります。
そんな事をふと思い出しながら描いていたせいか、芋戸さんはどことなくじいちゃんに似ているかもしれません。毛はあるけどね☆

「ヤッホー、じいちゃん元気してるー?ヽ(゜∀゜)ノ”」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ