みんなの応援

♥ 6,903

いわさきゆきこ

コメント欄で時折利き手についての疑問が見られましたので、この時代の「利き手」についてご説明いたします。
武士は刀を左に差して歩きました。これは「どちらにでも差して良い」としてしまうと、道で歩くときに鞘がぶつかるという問題が発生してしまうからです。人とすれ違うときに肩や足がぶつかると現代でも喧嘩になるケースがありますが、それと同じです。下手すればそれだけで斬られてもおかしくありません。では武士で左利きの人はどうするかと言いますと、右手で刀を扱います。つまり刀は利き腕問わず右で扱うように訓練されているのです。それでもどうしてもダメって人は仕方ないので右手に刀を持って歩いた…なんて話もあったそうですが真偽は不明です。日本食も右利き用に配膳されているので、作法上では、左利きの人は「右でも箸を扱えるようにしましょう」とされています。
作中では中島さんが実は左利き設定なんですが刀や銃は右持ちです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話