みんなの応援

♥ 6,900

いわさきゆきこ

江戸時代は思いのほか男女平等…というのは庶民だけで、武家の女性は典型的な男尊女卑でした。嫁ぎ先の両親に従わない、子供ができない、ほかの男性と色恋沙汰になる…など、離縁させる条件はいっぱいありました。特に強力なのが舅、姑に従わないこと。つまり本人が嫌がっても舅や姑の一存で勝手に離縁させることができるのです。また武家では嫁の処遇を夫側の一存で決めることができる…という証文を交わすので、娘の親も文句は言えません。これを利用して娘の持参金目当てで結婚しておきながら、娘を売り飛ばしてしまうといった結婚詐欺の上位級みたいなことも平然と行われました。窮屈極まりない武家の縁組ですが、そんな中で面白いのが「後妻(うわなり)打ち」という風習です。これは離縁したあと、間を置かずにすぐ後妻を迎えた場合などに限り、前妻が旦那と後妻の家の台所を打ち壊してよいというルールがありました。これは逞しいですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話