みんなの応援

♥ 6,624

いわさきゆきこ

前回で初登場の衣装「裃(かみしも)」。大河ドラマなどではお馴染みの衣装ですけど、これも結構特徴ある衣装だと思います。これは現代で言えばスーツみたいなもので、基本は上下同じ布でつくられるので「上下(かみしも)=裃」と呼ばれています。ですが、後に継裃(つぎかみしも)という、上下を異なる布で作ったものが登場します。これは通常の裃よりラフな扱いになります。逆に通常のよりワンランク上の礼服としてものすごく袴の裾が長い、長裃(ながかみしも)というものがあります。格式の高いお城の中などでは、この長裃で袴を引きずりながら歩き回るわけです。動きづらそうだなあ…と思った方はまさにその通りで、城の中では謀叛をおこさせないように侍にはわざと動きづらく裾丈の長い衣装を着せたという説があります。さぞや江戸城内の廊下はピカピカだったでしょうね。漫画の中では、与力である中島さんも通勤時は裃を着用しているんですよ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ