みんなの応援

♥ 7,194

いわさきゆきこ

突然ですが、時代劇の定義をご存知でしょうか。
一言で言えば、時代劇とは明治維新前を舞台とする物語の事で、維新後が舞台のものは全て現代劇という扱いになります。明治維新前と後で大きく変わったものの一つに「言葉」があります。
明治維新前、つまり江戸時代は今で言えば、学校ごとに違う「あいうえお」を教えておりました。ある学校では「安」が「あ」であったり、別の学校では「阿」が「あ」であったり…という具合です。また、学習する文字は、江戸時代は基本「くずし字」で、「楷書(正書)」はその次に憶えます。なので、くずし字は書けても楷書は書けないという人もおりました。
これではイカンということで新政府の元で教育の統制が行われ、言葉を統一したものが、私達が現代で使用している「現代語」です。また維新後は、崩し字は誤読の恐れがあるため、より的確で機能的な文字として楷書が一般的に普及しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話