みんなの応援

♥ 6,976

いわさきゆきこ

今回はやたらと褌(ふんどし)が多いので、褌のお話です。
作中の褌は虎鉄のが六尺褌(ろくしゃくふんどし)、源のが簣褌(もっこふんどし)、その他に前垂れのついた越中褌(えっちゅうふんどし)があります。越中褌と簣褌はおしりがパンツのように隠れますが、六尺褌はお尻が丸見えになる、いわゆるTバックスタイルです。
江戸時代において褌はいわゆるユニフォームのひとつでもありました。なので、褌一丁で行う仕事も多くありました。水の中に入る漁師はもちろん、飛脚(ひきゃく)や、駕籠舁き(かごかき)なども褌一丁がユニフォームです。
一方、女性は褌ではなく湯文字(ゆもじ)という、腰に巻き付ける布のようなものがパンツ代わりでした。この湯文字と、上半身に着る肌着の反襦袢(はんじゅばん)が合わさったものが長襦袢(ながじゅばん)です。夏場には、背中に二枚の布を交差させて前で結ぶ、四つ手(よつで)というものもありました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ