みんなの応援

♥ 7,099

いわさきゆきこ

主人公である虎鉄の名前は新撰組の近藤勇が所持していた事で有名な「長曽袮虎徹(ながそねこてつ)」が元であります。
この長曽袮とは地名であり、現在の彦根市辺りに存在していた村で、そこを根城に活躍していた鍛冶集団でありました。長曽袮一族は刀のみならず、甲冑や鍔(つば)、鐙(あぶみ)なども作っておりました。
虎徹興里が本格的に江戸修業で刀を打ち始めたのはなんと五十歳を過ぎてから。この「虎徹」という名は、李広の故事で「虎と思って石を矢で射抜いた」という話からうまれたことわざ「思う念力岩をも通す」に習い、自ら五十過ぎにして志をたて、江戸で刀鍛冶として名工になったことへの満足と自戒をかねてこのような名にしたと言われております。
虎徹は他にも勝海舟、木戸孝允、大久保一翁、山岡鉄舟といった幕末の名だたる志士たちも所有していたそうですが、やはり武士の魂たる刀も一流なら、その人物も一流であったという事ですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話