みんなの応援

♥ 7,318

いわさきゆきこ

その8で「九字(臨兵闘者皆陣列在前)」の表現がありましたが、これも「魔除け」の一種です。年代によっては某密教系漫画を連想すると思いますが、この九字切りは集中力を高める手段としても、武士の間で唱えられる事があったそうです。やり方は「臨」からはじまり、順にヨコ、タテ、ヨコ、と交互にマス目を描く様に指を振ります。この「交差」の魔除け効果に関しては、その6のコメント欄でお話しした通りです。
交差しているもの、ということから「かご」なども魔除けになるという考えがあり、地域によっては節分の日にかごを竿の先にひっかけ、家の軒先に立て掛ける、という習慣もあります。これは海外でも見られる魔除けの風習で、村の入口などに竹を六つあみにしたものを掲げて、邪悪なものが入り込まない様にするそうです。ちなみに日本では流行病(コレラや疱瘡)の時に村の入口に竹を縦横に組んだバリケードを作って病気が入って来ない様にしたとか…

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ