みんなの応援

♥ 7,917

いわさきゆきこ

刀剣というものが良くわからない方向けに、まずは刀の簡単な種類の説明からさせて頂きます。まず刀剣は「剣(けん)」と「刀(かたな)」に分類されます。剣は長さに関わらず左右対称の両刃の武器、対して刀は片刃のものを差します。その刀はさらに「直刀(ちょくとう)」と「彎刀(わんとう)」に分けられます。平安時代以前は反りの無い直刀、平安時代以降は彎刀となります。一般的に「日本刀」と称されるものはこの平安時代以降の彎刀ですが、これには以前お話しした通り「太刀(たち)」と「打刀(うちがたな)」に分類されます。太刀は刃を下にして、腰に佩(は)く、打刀は刃を上にして腰に差すものを言います。これらは長さおおよそ60cm以上を基本としますと、これより長いものが大太刀や野太刀、短いもの(30cm以上、60cm以下)が脇差、脇差より短いもの(30cm以下)が短刀と呼ばれます。ざっくり分類しますとこんな感じです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話