みんなの応援

♥ 4,856

いわさきゆきこ

営業時間は昼見世(昼の営業)が12時~15時まで、夜見世(夜の営業)が18時からはじまり、大門が閉まるのが夜中の0時。それからは朝の4時まで開きません。朝に客を見送った後に営業終了となります。翌朝は10:00までにはほぼ起床して営業準備…という一日が繰り返されます。利用者は、昼が非番の武士(武士は外泊禁止なのです)。しかもほとんどが冷やかしにくる程度なので、見世側もあまりやる気がありません(笑)。反して夜は本腰を入れての営業となります。吉原で遊ぶには、まずは引手茶屋(ひきてちゃや)と呼ばれる場所へ行き、ご指名の遊女さんの名を告げます。すると茶屋の主人が見世まで案内してくれます。初めてで指名する名前も分からない場合は、見世の格子に並んでいる遊女さんを見てから決めます。また身分の高い遊女さんを呼ぶ時は、見世側の方が客を迎えに来てくれました。これが有名な「花魁道中(おいらんどうちゅう)」です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話