みんなの応援

♥ 3,492

いわさきゆきこ

現代は女性が足や胸元を強調した服を着たりといったアピールが存在しますが、江戸時代は逆に男性が露出してアピールする時代でありました。代表的なものは「尻っぱしょり」といいまして、着物の裾をまくりあげて帯にはさみ、お尻を見せる様にするのです。(黒船騒乱節で万次郎さんがやっていたのがこのファッションです)動きやすさもさることながら、生のお尻を見せて「美尻」アピールをするのです。そのため、男性は常にお尻まわりのケアには気を使っておりまして、銭湯には下の毛を手入れする為の毛抜きや毛切りが備え付けておりました。他にも、髭は剃るのではなく毛抜きでぬいたり(そのほうがスベスベお肌アピールになるから)、色が黒い人はおしろい粉をつけたり、凛々しく見せるために墨で眉毛をかいたり…となかなか苦労がたえなかった様です。ひと昔に流行った、ズボンを下げてパンツをみせつつ歩く男性はまさに現代の江戸人だった訳ですね(笑)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話