みんなの応援

♥ 3,708

いわさきゆきこ

コメント欄にてちらほらと出て来ております「にっかり青江」のご説明をさせていただきます。この刀は「幽霊切り」の伝承がございまして、女性の姿をした幽霊を斬った時にその幽霊がにっこりと笑った所から「にっかり(にっこり)青江」といわれる様になったとか(いくつかの説があります)。この青江というのは刀工一門の名称で、現在の岡山県に地名を残しております。さてもうひとつ青江といえば、「青江下坂(あおえしもさか)」という刀がございます。こちらは歌舞伎・文楽の演目「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」の中に出てくる刀なのですが、この話の中では「妖刀」として語られています。妖刀という設定は「にっかり青江」の伝承からつけられたようですが、この伊勢音頭恋寝刃という話は実際に伊勢国(現在の三重県)で起こった事件が元になっております。なお現在「にっかり青江」は香川県の丸亀市立資料館に保存されております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話