みんなの応援

♥ 3,592

いわさきゆきこ

今回出て来た猫は江戸時代に実在していた猫をモデルに描かれております。江戸時代に立てられたと思われる猫のお墓があり、名前は「実助(まめすけ)」と書かれておりましたそうで。猫のお墓と言いますと、浮世絵師の歌川国芳が大の猫好きでして、ある時飼っていた猫が死んでしまったのでお寺に亡骸をおさめるよう弟子にお金を渡して頼んだそうです。しかしその弟子は面倒くさがって、猫を河に捨て、預かっていたお金でお酒を飲んでしまったそうです。これを知った国芳さんは激高して弟子をボコボコにしてしまったというほほえましい(?)エピソードがあったそうな。実助はもしかして国芳さんの飼い猫だったんでしょうかね?ちなみにこの実助のお話は深川江戸資料館の方から教えて頂きました。ここは江戸時代の長屋が本物の大工さんの手によって再現されているので、時代物が好きな方には是非お勧めしたい場所でもあります。猫の実助さんも再現されていますよ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ