この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

アシガル丸

アシガル丸です。水キミ6話お読みいただきありがとうございます!
天性のスケベエ心がそうさせるのか、水着を描いてると
布の面積がどんどん狭まってしまいます。
連載が続けば、しまいにはTバック化しているのでは・・・。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話