この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

嫁がたく

あまりにも美しい人間を見ると人はパニックを起こすのです。
ネカフェでバイトをしてた時の話です。
10頭身ぐらいありそうな美少女顔の美しいお姉さんに「毛布を貸してください」と言われて目覚まし時計を差し出しました。
自分が何を言われているのか、何をしているのかも分からんのです…
その後のお姉さんの「丁度良いので目覚ましも借りますね(ニコッ」って神対応をボクは一生忘れない…

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ