この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

806

もやし125

ここまでありがとうございます。最近、暑さに耐え切れず海に避難したもやしです。いやはや、海っていいですね。私が海に入ると高確率でぬめりを帯びた、動く何かを踏むので、一体何だろう、妖怪かな?とつねづね不思議だったのですが、先日ようやくその正体をつきとめました。カレイでした。なんだカレイかー、とその時はそう結論付けて逃がしました。しかし今更ある事実に気づいてしまったのです。ヒラメの可能性もあるじゃん、と。結局奴の正体は掴めぬまま、悶々と考え込む寝苦しい夜が続きそうです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ