この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7,545

津紀

皆様二度目まして!
フリフリの私服を描くのはとても楽しかったです!津紀(つき)です!
さて、今回の沙菜の状況を究極の二択風に例えるなら。
貴女の目の前には、
美味しいけれど食べるとお腹を壊し、三日間は寝込むお肉と。
めちゃくちゃまずいけど、とっても健康にいい青汁があります。
さて、どちらを飲みますか…?
といった感じです。地獄ですね。
つまるところ和也は沙菜にとって
美味しい青汁のような存在なわけですね。
さてさてそんなこんなで次回の後編です。
よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ