この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6,099

藤田曇

コンタクトレンズの処方箋を貰うために眼科に行ったら、どうやら廃業したようで、開いてない。困っていたら子供の頃に通っていた眼科を思い出しました。おおよそ15年ぶりのその眼科は外観も、待合室も、検査室も、先生も、時間が止まったように何ひとつ変わっていませんでした。懐かしい。診察中はテンションが上がりっぱなしです。「うわ~、お久しぶりです先生!小さい頃お世話になりました!先生は全然お変わりないですね!」先生は少し笑って言いました。「僕、ここに来たの1年前だから…あなたが言う先生は…別人ですね…すいません」と……時間、止まってませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ