みんなの応援

♥ 2,766

大和武士(ヤマトタケシ)

読者さま、いつもご訪問くださりありがとうございます、御礼申し上げます。
また、コメントの励ましやオススメ支援も本当に有難うございます。

タクトは政府軍によって処刑されました。
姉のリリンは人質として、政府軍の母星ベテルギオン星に拉致同行されることに・・。

タクトは姉を気づかいながら失意の中、息を引き取りました。
その無念は、いかばかりかと思います。
死ねば何もかも終わりで、すべて何も無かったことになると言う人もいます。
逆に、前世があって次もある・・と言う人もいます。

真実は分かりません。
でも、タクトが死んだからその失意無念もすべて無くなると言うのは何とも寂しい感があります。
死んでもその意思を継ぐ者がいれば、すべてが無くなることはないのでは・・終わりはないのでは・・そう思うのですが、これもなかなか簡単に答えが出ないテーマですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話