この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13,299

十三月一日

優紀「正直憧れてたところもある。転入生の女の子とすでに知り合ってて『あー!君はあの時の!』みたいなシチュエーション」
「でもいざご指名いただくと、どんな顔したらいいかわかんなかった」

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ