みんなの応援

♥ 9,346

珍獣モリリン

タイムマシンの話をします。
自分の妄想なのですが、
「UFOはタイムマシン」、
「幽霊は光学迷彩を施した未来人」
等々…よく想像します。
_
しかし、時間はあくまで
人間が決めたルールなので、
そもそも時間なんて
この世に無いのではないか、
なんて思ったりもして…。
結局、タイムマシンは
無理なのかなと、残念な
気持ちになったりします。
_
本当に残念だ。
あの過去を
やり直したかったのに…
坂を無意味に転がって
テンションを上げている
哀れな子供時代を
変えたかったのに。
本当に残念だ…

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話