みんなの応援

♥ 22,140

夏牧

4話を描いている時、我が家に生後二ヶ月の黒いワンちゃんがやって来ました。胸のあたりの白い毛がツキノワグマっぽいので、名前は「クマ」にしました。(父は「餅」にしたかったようですが、何となく自分が呼ばれてるみたいで嫌だったので、結局「クマ」になりました)
クマはいつも私の机の下で、私の足を甘噛みしてきます。作業中に気になって足を引くと、すぐに泣いてしまうんです。こんな調子で甘えん坊なので、夜更かしをしようものなら「早く寝ろ」とベッドを引っ張ってアピールしてきます。作業があるので本来なら無視するところですが、結局この日は可愛さに負けて一緒に寝ました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ