みんなの応援

♥ 25,740

詩詩

耀星くんのお母さん登場です!

ちなみにうちの母は、私が漫画を描いている事に賛成も反対もしていません。多分何を描いているのかという事にも関心が無いのかもしれませんね。
ですので、部屋に引きこもって漫画を描いていると「そんなに暇だったら、外で運動してきなさい!」「暇なら友達と遊びに行きなさい!」「あなたが一番暇なんだから、電気代払ってきて!」といつも言ってきます。

ある日、投資で失敗した私が「頑張って働いて、損した分のお金を稼ぐ!」と母に言ったら「もう十分働いてるでしょ、朝から晩まで休みなく仕事してるんだから」って言ってくれました。
私って忙しいんだか暇なんだか…(笑)
P.S 母の料理はとても美味しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ