みんなの応援

♥ 11,071

秋ヒロト

『カボ!』に限らず、ぼくのマンガの主人公は無表情なキャラクターが多いんですが、それはバスター・キートンの影響が結構あったりします。
キートンはチャップリン、ロイドと並ぶサイレント時代の三大喜劇王の一人ですが、まったく表情を変えずに予想外の行動をするんです。
変なやつが変なことをして面白いのは当たり前ですが、何を考えてるかよく分からないやつが突拍子もないことをすると、より一層面白いわけで。
言葉ではなく動作や雰囲気で観客を笑わせ、アクションで興奮させるキートンの世界観は、ぼくの憧れです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話