comico
カボ!大魔王への道

第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5)

コメント

15 / 129 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

カボ!大魔王への道

力も魔力もお金もない。でも、勇気さえあれば、きっと世界は変えられる!
大魔王を目指して奮闘するカボとゆかいな仲間たちがくり広げる、日常系ファンタジー。

第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5)

カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5) カボ!大魔王への道第十五話 カボ軍団と怪奇の館(5)

みんなの応援

10,607

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

みなさんはホラーや怪談はお好きですか?

ホラーもいいですが、『雨月物語』の「蛇性の淫」や『怪談牡丹燈籠』など、絶世の美女に愛されるも実はその正体は幽霊や妖怪だった! という怪談もベタながら面白いですよね。

モンスター系で言えば、断トツで面白くておすすめなのが、メアリー・シェリーの小説『フランケンシュタイン』。なんとなく「フンガー、フンガー」というお馬鹿なモンスターのイメージだろうと思いますが、原作小説だと全然違います。むしろかなり知的な生物。

「人間が作り出した怪物」という構図がそのまま「神が作り出した人間」という構図と重なる深いテーマの作品なので、機会があればぜひぜひ。

折角の「怪奇の館編」なので、次回の作者コメントでは、ぼくが今まで読んだ中で一番怖かった小説の話をします。

みんなのコメント(100)

0/400

お知らせ