みんなの応援

♥ 5,341

古本ゆうや

カラーペインターズという作品が生まれたのは今からちょうど4年前、僕が大学1年生のときでした。当時の僕はとある雑誌の新人賞にむけて投稿を始めたばかりで、カラペはその投稿2作目でした(この作品とは大分設定が異なりますが)結果は落選でしたが、キャラクターは気に入っていたためにイラストや落書きとして描き続けていました。そして4年の秋、ちょうど1年前。僕の元に1通のメールが届きました。それこそがcomico作家オーディションのお誘いだったのです。そこに僕は設定を一新してリメイクした新しいカラペを送り…今に至っています。そう、とっくにお気づきの方もいらっしゃいますが、もっちーというキャラは僕そのものでもあるのです。新たな挑戦のために手放したアナログ画材…最終シリーズはこの経験を生かそうとずっと前から構想しており、ついにその時まで来ました。次回、いよいよ最終回です。どうか最後までよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話