みんなの応援

♥ 22,143

形而上のアカネ

心は身体
 最近ほぼ毎夜悪夢をみます。先日みた夢は、自宅前に佇んでいた見知らぬ老女がつぶやきながら後をつけてくるというものでした。「大いなる器がご覧になってるの。容子(いれこ)は見られてみてるの」という老女・容子のつぶやきは徐々に加速し、テープを早送りしたような甲高い声が何度も何度も繰り返すのを聞きながら目が覚めました。
 ふと、その昔処方箋に「副作用:悪夢」と書いてあるのを見て「そんな副作用もあるのか」と半信半疑でいたことを思い出しました。調べてみるとどうやら現在飲んでいる花粉症の薬は「ごく稀に悪夢の副作用がある」とのことなのです。まさか本当に薬の化学物質が身体に影響し、脳のありようを変容し、夢を改変するとは。身体のイチ器官としての脳が思考に影響を与えることを実感できる貴重な体験でした。
 つきましては精神活動のために姿勢、食事、運動に留意しようと決意する春にございます。くしゅん。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話