みんなの応援

♥ 39,117

形而上のアカネ

グラウンド・コンピューティング
少し遅れて例のGOを始めてみたところ前日までに生活圏に現れた謎の行動や賑わいの意味が理解できました。これまで何の変哲もなかった場所で、アイテムが沸き小動物が蠢くという、この現実とは別の層(レイヤー)を見ていたのですね。
興味深いのはこれまでインターネットが、誰でもどこからでも均一の情報にアクセスできたのに対し、そこから見渡せる情報にしかアクセスできないという退化にも見える制限が設けられている事です。ネットがクラウド(雲)という言葉に象徴されるような、世界中の誰にとっても同様な“上”にある「ひとつのもの」だったのが、星を被うほどに薄く延ばされGPSの座標の杭で以て“足下”に打ち付けられたように感じられます。
事故やマナー、地域格差など諸所問題点があるようですが、この社会現象を観察していきたいと思いますし、散歩ついでに鯉を乱獲していきたいと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

関連お知らせ