みんなの応援

♥ 63,619

降矢まち

64話です。
ユウヒちょっとだけ前に進む。です。
もし自分がユウヒと同じ境遇だったらどうするだろう?っていうのはよく考えます。
進む決意をするか、それとも諦めるか。難しいですよね。
「触れる」約束をするっていうのは、結構ユウヒにとっては大きな決意と一歩だったと思います。

さて、現在の私は、定期的に参加しているコミティアの準備をバリバリやっております。
読者さんや他に参加されている作家さんとも会えるので、今から楽しみです(ノ´∀`)ノ゙

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ