みんなの応援

♥ 30,205

降矢まち

2話です。
コンクリートの上からさらにペンキが塗ってあると、雨の日は鬼滑りやすくなるんですよ。
以前勤めていた職場がまさにそれで、雨の日にその道を社長と一緒に歩いていたら、社長が私の目の前ですっ転びました。
笑うよね。そんな…こらえるとか無理だよね…。
そんな事を思い出しながら描いた2話めです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話